新横浜駅の工事は何をしているの?

新しい駅が新横浜にできる

神奈川東部方面線

 

新線はいつできるの?


現在新横浜駅周辺はあちこちで工事が行われています。

「神奈川東部方面線」として、相鉄線西谷駅とJR羽沢駅(仮称)を結ぶ《相鉄・JR直通線》と、JR羽沢駅(仮称)から新横浜駅を経由して東急線日吉駅までを結ぶ《相鉄・東急直通線》が計画され、工事が始まったためです。

 

当初の予定では、《相鉄・JR直通線》が2015年開通、《相鉄・東急直通線》が2019年開通予定でしたが、工事が大幅に遅れ、現段階の発表では2019年・2022年の開通を目指しています。

 

 

新線開業の効果


この新しい路線が完成すると、横浜など主要駅での混雑する乗換えがなくなり、

 

  • 新横浜駅~大和駅 約42分→約19分へ
  • 新横浜駅~渋谷駅 約41分→約30分へ

 

とかなりの時間短縮が見込めます。

東京都心部と横浜、神奈川県央地区へのアクセスが良好になり、社員様の通勤が便利になるのはもちろん、企業内、企業間の繋がりが新たに構築されることも期待されます。